セトの本 ~もっと皆に声優さんを知ってもらう為に~

話題のアニメやゲームなど交えつつ、ベテランから新人まで「語ります」!

MENU

仕事疲れた時には、紅葉見に行こうよ

ショートブログです。

ここ最近忙しく、毎日残業続きになってしまい土日もぶっ倒れで休んでました。

ようやく・・・ようやく! ゆっくり出来たので久々にブログを更新します。と言っても「ライザのアトリエ」を紹介しようと思うのですが幾分、まだ準備が完了していないという。

今回は、【今週のお題】をやります。 

f:id:daiwahausu95:20191127013450j:plain

今週のお題「紅葉」

紅葉狩りですか・・・確か、何でしたっけ、えーっと

meaning.jp

な、なるほど・・・「紅葉を見る」事だったのですね。

 

では本題です。紅葉を見ることは好きです。朱色に染まった景色は新鮮で、日本だな・・・と感じられる季節です。流石に今年はそういった景色を見に行くことは出来ませんでしたが、以前山口県にバスツアーした時は見事な紅葉でした。

バスツアー、良いですよ~。一人旅好きだと集団行動なので向いてないかもですが、近くに観光名所があるならば、気分転換に行くことをお勧めします。仕事ばかりじゃ根を詰めすぎてモチベーション下がっちゃいますからね。

 

次回は、「ライザのアトリエ」の紹介の続きします・・・したいです!

「花守みゆり」さんの身に起きた、負傷について語る

ショートブログです。

まずはこちらの記事から。話題になった「花守みゆり」さんの記事です。

www.oricon.co.jp

声優活動としては続いていきますが、結局体に無理が来てこのような事態が起きました。今回は、これについて少し語ります。

f:id:daiwahausu95:20191106012155j:plain

そもそも「声優」とは?

声優(せいゆう)とは、映像作品や音声作品に、声の出演をする職業。広くはナレーターも含めることがある。英語では一般的に男性を voice actor、女性を voice actress といい、日本語でもボイスアクターという場合がある。 

 (wikipedia参照)
 

アニメに限らず「声優」は身近なものです。CMや番組のナレーションだったり、海外ドラマの吹き替えだったりと普段から色々な場所・場面で耳にしています。

最近ではCMやバラエティ番組に「出演」することも増えてきました。ただ、最近問題視されてきたのは「歌手活動」です。

声優は、音楽CDを発売したり、コンサートを開催したりするなど、歌手として活動することがある。逆に、アイドル歌手が声優に転身することもある。

 (wikipedia参照)
 

林原めぐみ」さんや「水樹奈々」さんなど、歌を出す声優さんは珍しくありませんし、これについては特に問題はありません。ただ、アイドル化した「声優」さんが今回の問題点です。

花守みゆりさんの怪我とは

news.livedoor.com

このような事態が起きて、ネットでは当然のような反応が出ています。確かに、ここ最近の声優さんに求めているものが多すぎます。以前、「ひなビタ♪」の時にブログでも語りましたが、確かにライブは楽しかったです。ですが、いつも最後には無理の無いようにお願いを言い続けています

他にも「2人の声優さんが芸能活動を引退する事態」のブログも語りました。アレに関しても、今回の事と同じだと思います。

そもそも「膝蓋骨亜脱臼」及び「半月板損傷」は、交通事故やスポーツ選手などでよくみられる症状です。ただ今回は「声優」です。どれだけ業界が声優さんに無理をさせているのか、一体どうしてこうなったんでしょうね・・・色々予想は付きますが。

教訓は生かされていない

「アイドル」と言えば「黒い噂」が後を絶たない。と昔はそうだったが、噂どころか実在するレベルまで露見してるけどね、ホントは。

ピンク・レディー」が居た頃は、良いニュースも悪いニュースもあったけど、引退して数十年経って改めて紹介された時、彼女たちは「忙しすぎて覚えてない」と言っていました。ヤバいですね。

「AKB」関連もそうですね、色々と悪いニュースが後を絶ちません。ついこの間も、「NGT」の記事が掲載されているのを見かけました。いつ終わるんでしょうか、いや一生終わらないのかもしれない・・・

そんな「アイドル」をいくつも見てきてニュースになってきたのに、未だにこういった問題が起きて記事になる。何故なのか・・・「引退したら代役を立てればいい」なんて、完全に「道具」扱いしてるように感じ取れますね

あくまで「声優」です。無理をさせて「あの時のような出来事はもう二度とごめん」です。私は声優さんを尊敬しているので、無理のない活動してほしいです。事務所側も、声優さんが無理をしていたら止める役なので、大事になる前に早い段階でストップ判定してほしいです。

逆に事務所側が相当な無茶ぶりを要求している場合もあるかもしれない。その場合は勇気ある「逃げる」のも1手です

(ちなみに「声優」に限った話ではないですので、自分の立場が本当にヤバいと思った時は早めの決断を・・・!)

「まだ大丈夫」ではない

ショートブログって言ったのに、なんだかショートじゃないですね。言いたい事はまだ山ほどありますが、憶測で語ることがほとんどなので。

 我慢し続ける事、良い事なんてほとんどありません。きちんと見極めて我慢すれば報われる、なら良いのですが、何の根拠も無しに我慢し続けていると体が悲鳴を上げてしまいます。それでは遅すぎます。

確かに見極めるのは難しい事ですが、冷静に一度自分の置かれた状況を整理してみることが気付くポイントだったりします。

 

まぁ本音は・・・その「気付き」は「声優」側ではなく「業界」側が気付いて欲しいんですけどね。声優さんに無理をさせ過ぎてないか、一度その運用方法を見直してほしいです。

声優さんのブログを書いてて思ったこと

ショートブログです。

ライザのアトリエ」クリア記念として、ひとりひとりの声優さんをいつものように語っています。書き方については徐々に変わりつつ、また今後も変わりつつありますが。リンク多々にしてみたりとか。

で、「のぐち ゆり」さんと「寺島 拓篤」さんを語りましたので、そのデータをちょっと見ていこうと思います。

f:id:daiwahausu95:20191104223725j:plain

明らかに見えたデータ

それは「当日の閲覧数」です。「のぐち ゆり」さんを語った時、「寺島 拓篤」さんの5倍以上はありました。恐るべしです・・・

同じ声優さんなんですけどねぇ、やっぱり女性の方が人気があるんでしょうか。まぁ見る人が男性が多ければ必然的にそうなってしまいがちですが。男性声優も凄い人いるんですよ、と叫んだところで皆さんは頷くでしょう。ただ「どちら」かを選ぶとしたら・・・女性声優です、ね。

でもまぁ、やることは変わりません。

声優さんを語る上では男女関係はありません。閲覧数が多かろうが少なかろうが、どちらも「声優」なので、今後も語っていきます。

 

・・・差が出たのは仕方ないよね・・・よね

(それでも女性声優の人気が高いよねと、改めて実感する)

頼もしい大剣使いの『レント』を演じた、「寺島 拓篤」を語る

「ライザのアトリエ」クリア記念、第2弾!

どうやって声優さんを紹介していこうかなーって考えてました。人気順で行けば次は、ライザの友達である「クラウディア」の声優さんを紹介しようと思ってましたが、せっかくなので順番に紹介していけたらと思います。

次は、「レント・マルスリンク」役の「寺島 拓篤」さんを語ります。

f:id:daiwahausu95:20191021020345j:plain

▲「レント」と言えばこのイメージが強い、かな。ちなみにこれはかの有名な(

どんな作品に出ているのか調べてみた

創聖のアクエリオン(アポロ / アポロニアス)

【リンク】wikipedia / dアニメ

ログ・ホライズン(シロエ)

【リンク】wikipedia / ニコニコ大百科 / dアニメ

甘城ブリリアントパーク(ワニピー)

【リンク】wikipedia / pixiv / dアニメ

魔法科高校の劣等生西城レオンハルト

【リンク】wikipedia / pixiv / dアニメ / 公式サイト(2期)

ハイキュー!!(瀬見英太)

【リンク】wikipedia / dアニメ / 公式サイト

ありふれた職業で世界最強(オスカー・オルクス)

【リンク】wikipedia / pixivdアニメ / 公式サイト

転生したらスライムだった件(三上悟)

【リンク】wikipedia / pixivdアニメ / 公式サイト(news)

グランブルーファンタジー(カイン)

【リンク】wikipedia / pixiv / dアニメ / 公式サイト(アニメ版2期)

ライザのアトリエ(レント・マルスリンク)

【リンク】wikipedia / 公式サイト / 公式Twitter

創聖のアクエリオンを初め、メインキャラだったりサブキャラだったりモブキャラだったり、物語で非常に重要なキーキャラだったり、序盤しか出てこないキャラだったりと、もう何でもこなしちゃうスーパー声優さんです。

(あと、やったことのないタイプのキャラってなんだろうって考えさせられる)

この中でよく見ていた作品と言えば、「ログ・ホライズン」でしょうか。これは「オンラインゲームに囚われた系」の作品で、最初は「ソード・アート・オンライン」と被るから見るの止めてたのですが、知り合いから面白いと勧められ見てみたら・・・見事にハマりました(なんて弱い私)

後は、「魔法科高校の劣等生」と「ハイキュー!!」と「ありふれた職業で世界最強」と「転生したらスライムだった件」ですね。こちらは続編のアニメ制作が決定しておりますので楽しみです・・・・・・アニメ続編ラッシュですね、恐るべし。ちなみに「魔法科高校の劣等生」の続編は映画以来かな、久しぶりになります。

アトリエ的のポジションで言えば「重戦士」な役割

今回「レント・マルスリンク」という役で出ており、高身長で大剣を装備して重い一撃を繰り広げる、「アーランド」シリーズだと「ステルケンブルク・クラナッハ」とか、「黄昏」シリーズだと「リンカ」でしょうか。まぁ・・・この二人と比べたら

レントがまともな人に見えてしまいますね

最初、公式サイトとかでキャラの全体像以外は内容を読んでいないので、リーダー的な存在かなーと思ったら「ライザ」が思いっきり仕切っているのでちょっと拍子抜けしました。でも後のストーリーを読んでいく事に、「レント」がどういった人物なのかがよく分かります。

気になる方は・・・是非プレイするのです!(恒例)

ちなみにクリアしただけで、メインPTからは現在外れているため、全部の性能を試したことはないです。知らないだけで実は使ってみるとチート級だったりして・・・ちょっと今度試してみます。

 声に関しては凄い「冒険する青年」って感じてきます。それに、「リラ」との出会いでより成長し、徐々に頼もしくなってくる」と「の演技にも注目です。流石、声優さんは凄いな・・・って実感出来ますよ。

 

今回、リンクの貼り方には少し工夫を。『pixiv』を一部張っています。イラスト等で人気の高い作品に関してのみ張っています。後はアニメ続編がある作品には『公式サイト』のリンクを張ってます。是非活用してください。

ライザ役でお馴染みの「のぐち ゆり」さんを語る

せっかく「ライザのアトリエ」をプレイしたので、声優さんも語りたいと思います。

流石にどの声優さんがどの作品やってる、なんて全部覚える事は難しいので調べながら語っていますが、今回のキャストは名前だけ知っていますがどんな作品に出ていたかはちょっと分かりませんでした。

なので、私も詳しく知るために色んな声優さんを語っています。

まずは、主人公のライザリン・シュタウトを担当した

のぐち ゆり」さんを語ります。

【リンク】wikipedia / Twitter

f:id:daiwahausu95:20191015010850j:plain

どんな作品に出ているか見てみる

アイドルマスター シンデレラガールズ(及川 雫)

【リンク】pixiv百科事典 / ニコニコ大百科

・RELEASE THE SPYCE(石川 五恵)

【リンク】wikipedia / dアニメストア / 公式サイト(アニメ)公式Twitter

・ライザのアトリエ(ライザリン・シュタウト)

【リンク】wikipedia / 公式サイト / 公式Twitter

 

アイドルマスターをやっている方なら知ってて当然?でしょうか。音ゲーに関しては、SDVXがメインであり、バンドリはサブで楽しむ程度なのでアイドルマスターは名前しか知りません。後は人気のキャラであれば、TwitterやPixivでよくイラストを見かけるぐらいですね。

という訳で調べて見た!―――胸大きいね・・・ライザに負けてない程の。けどリラさんよりは無さそうだ。しかしモチーフは・・・牛柄のタンクトップって・・・

リンク張ってますので詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

(※リラさん、というのは今後紹介しますよ)

2つ目は調べた中で気になった作品「RELEASE THE SPYCE」です。

テレビオリジナルアニメで、読み方は「リリース ザ スパイス」とのこと。よくある「女子高生×〇〇」ってやつですが、この作品は「スパイアクション」になっています。

けれどテーマとしては「師匠と弟子の絆」「人から人に受け継がれていくもの」という物であり、スパイのイメージって結構殺伐とした感じですが、そこまで暗い雰囲気な作品ではなくコメディ感覚で楽しめるとのことです。

というわけで1話を再生して見た!―――なるほど・・・スパイアクションなのにタイトルが「スパイス」なのはそういうことですか、面白いですね。スパイについてですが、見た感じは半分は現代風忍者ですね。

主人公も何かしら特殊能力っぽいものを持ってるし、匂いが分かるとか「鬼滅の刃」の「竈門炭治郎」を思い出させますね。

1話見た感想ですが、なかなか楽しめました! ちょっと続き見てきます!

ライザ、ライザリン・シュタウトについて

ライザのアトリエ」の主人公で「ライザリン・シュタウト」を語りましょう。

「どこにでもいる」平凡な少女という、既に見た目から反する謎の設定がありますが、実際にプレイすると他のプレアブルキャラやモブキャラも胸が大きかったりするので、「村の中では」至って平凡、ということです。という風に理解するしかない・・・!

「アトリエ」シリーズの主人公は大体は女性キャラです。男性キャラが主人公の時も何回かありますが、最近では男女ペア主人公で出てたりします。

ではクリア後の感想としては・・・冒険好きで普通じゃない体験をしたい活発な女の子ってやつですね。もちろん普通の意味ですよ

戦闘スタイルも武闘派ではないけど、結構大胆な攻撃が多いですね。必ず持っていて終盤まで使える、ノックバック効果あり技もあり、そして主人公特有の自己強化スキル持ち。

ただストーリー上どのように成長して、どのように錬金術士になったかは実際にプレイして見てください

 

他の声優さんに比べて出演数は少ないですが、それでも期待の声優さんであるのは間違いありません。あ、ブログ書きながら「RELEASE THE SPYCE」の2話見てました。2話も面白いですね~、ちょっと最後まで見てきます!

ストーリー見終わったので「ライザのアトリエ」を語る

同時に2つの事は出来ない。なんて言い訳してみるセトです。

ゲームをしてました。ブログ、オンラインゲームそっちのけで新作買ったゲームをずっとやっていました。アトリエの新作が出たので、暫くはそれに集中していました。

今回は、発売前から話題の「ライザのアトリエ」を語ります。

【リンク】wikipedia / 公式サイト / 公式Twitter

f:id:daiwahausu95:20191014020813j:plain

進化し続ける「アトリエのグラフィック」

PS4が出てからは、

・リアルを追求したグラフィック

・アニメ作画のような滑らかなグラフィック

と代表的なのはこんな感じでしょうか。

もちろんswitchが出してた「ゼルダ」シリーズのような作画もあり、色々なグラフィックがありますが、私が知る中でアニメ作画で出しているのは「テイルズ」シリーズでお馴染みのNAMCO「アトリエ」シリーズでお馴染みのガストでしょうか。

今回の「ライザのアトリエ」も前作より更に洗礼されてます。キャラクター見るだけでも楽しめるゲームになってます。

今回の「調合システム」に驚いた

実は発売前にゲーム雑誌とかを買って、発売数日前に一気に読んでました。そこで驚いたのは「調合システム」ですね。

今まではパズル形式で決まった材料で入れていく、様々な「調合システム」がありましたが、今作はツリー形式で決まった材料を「可能な限り」あるいは「最低回数」で調合することが出来ます。実際にプレイしてみて慣れるまでには少し時間掛かりますが、今回の「調合システム」の感想は、凄い自由度が高いですね。

逆に、今私がしている「とある仕事」を思い浮かべると・・・こんな複雑で楽しいシステムは一体どうやって出来たんだと好奇心がありますね。

「戦闘システム」も驚いた

プレイ動画を見て無かったから、やってみるまでは分からなかったけど、ノンストップだったんですね、こちらも慣れるまで時間が掛かりました。

こうしたリアルタイムバトルシステムは前にもありましたが、前は順番が来たら「ストップ=コマンド選択」でしたが、今回は順番が来ても止まらず1秒も無駄に出来ず、操作キャラ以外は自動的に攻撃するので・・・特定の技を使いたい時は「キャラを変えて自分で操作」する必要があります。

なので、事前に各キャラの技や特徴を知る必要があります。まぁ・・・終盤になると「調合によっては通常攻撃で一方的」になっちゃいますが。

驚きは他にも。脚本家はなんと・・・

今回シナリオを担当したのは、「高橋弥七郎」さんです。

名前を見たことある人はすぐ分かっちゃいますが、有名な作品を1つ挙げるなら「灼眼のシャナ」です。ライトノベル作家が、ゲームのシナリオ担当するのは珍しくはないですが、高橋弥七郎さんがアトリエでどんなシナリオを見せてくれるのかは楽しみでした。

(ちなみに、よくやっているゲーム「プリンセスコネクトRe;Dive」のシナリオ担当は、「ささみさん@がんばらない」でお馴染みの「日日日」さんだったりします。こちらもストーリーの続きが気になってて)

 

発売前から話題、Twitterやpixivでライザのアトリエのイラストがどんどん出てきましたね。太ももが~胸が~と結構大胆なスタイルで話題を呼んでました。超人気シリーズ、という訳でもない「アトリエ」でしたけど、こうして周知されることは良いことですね。

こちらswitchやSteam(発売予定)で出ていますので、是非興味がある人はプレイしてみてください!

ニュースは、時として「武器」や「保険」になる

ショートブログです。

ショート・・・かな? 若干長くなっちゃった。

今回は、私がいつも見ているニュースアプリを語ります。wikipediaもよく使っていますが、他のニュースアプリも利用しています。

f:id:daiwahausu95:20190924233902j:plain

スマートニュース

お馴染みの定番ニュースアプリです。CMとかで度々目にすると思いますが、それ以前から使っているアプリです。まぁ元々私がニュース見たいと思って探した結果、これになっただけですが。

ガラケー時代は「EZwebニュース」という・・・まぁ・・・思いっきり古いやつですが、これで頻繁にニュースとかよく見ていました。

ではこちらも、メリット・デメリットを語りましょう。

メリット

様々なニュースサイトがこれ1つで見れる

・「12球団」「いぬ」「ねこ」「まとめ」など、独特のジャンルもある

メリットはこんぐらいでしょうか。2つだけですが、これだけでかなりのボリュームがあります。なんといっても『色んなニュースサイト』を取り入れるだけですぐに見れちゃうのは大きい。ゲーム情報や声優情報などもここで取り入れています。

もうひとつは、偏ったジャンルが多いこと。twitterやpixivも配信してあり、自分好みのアプリにすることが出来ます。pixivについてはランキングにジャンルに沿ったイラストを紹介するなどしています。

デメリット

・広告が隠れている

データ通信量が半端ない

まずは『広告』。最近では巧妙に『広告だ!』ってのが分からないようになっていて誤タップが頻発してしまう。正直要らない機能ですね。広告大事だけどさ。

もうひとつが『データ通信量』。沢山のニュースサイトを取り入れる事出来ますが、増えたら増えた分通信量が増える仕組みであり、Wi-Fiが無い環境だと1カ月でとんでも量になったりする。設定で軽減出来るが、まぁ微々たるものです。ここは確実に気を付けた方がいいですね。

スマホgoogleトップ画面

アプリではあるが、デフォで入っているやつですね、お馴染みの『google』さんです。トップ画面の下に表示されるニュースですが、『ユーザーの検索したものに沿って表示される』ものが多く、ランダムではありますが時々気になるニュースが表示されることもあります。ここからニュースを取ったりしています。

Twitter

SNS定番のTwitterです。ニュースでは載らないようなニュースも載ってたりします。また、フォローした人が『いいね』や『リツイート』したものが表示され、自分よりもより詳しいニュースがポンと出てきたりします

痛いニュース

Twitter同様、ニュースより先駆けで情報が載ったりしていて、そして下の方に行くと5ちゃんねるのコメントがずらりと並んでいますが・・・内容によってはかなり不快なコメントばかりあるので、見る時は自己責任で。

Yahoo!ニュース

荒れに荒れまくる定番ニュースサイトの1つ。何が荒れるかと言うと、ニュースの下部に表示される『コメント』機能。実は、5ちゃんねるよりも酷い場合がある。でも、この記事に対してどんな反応してるのかなと見る分にはアリだと思う。そういう点では『痛いニュース』も同じだと思う。

 

改めて見ると結構見てるな・・・

テレビでもニュース番組とかよく見ていますが、よく思うのが「なんで同じような事件を繰り返すのかなぁ」という疑問です。普段からニュース見ていないのかなーと思っていましたが、まったくニュースを見ない人も居るんだって事を少し前に知りました

「なんでニュース見てないんだ」なんて偏見持ってましたが、まぁ・・・そういう人もいるんだから強く言えないなと思いましたね。けどDV被害とか児童虐待・バカッターなどのニュース見る度に、「この人はニュース見て無いな・・・」と心の中で思う事にしました。

(まぁバカッターに関しては「こんな事になってるなんて思いもよらなかった」と言っているし、多分そうなんだろう・・・)

 

ニュースは読まずに目を通すだけでも記憶することがあります。ニュース苦手な人はまずはそれだけでも実践すると、ふとしたキッカケで「あ、このニュースなんか知ってる(内容読んでないけど)」と思い出すこともありますよ。